おすすめ商品

【レビュー】無印良品の「コオロギせんべい」が店舗販売開始!気になる味は?

スポンサーリンク

じょん
こんにちは、john blog0512です。

7月10日より、とうとう無印のコオロギせんべいが店舗販売開始しましたね!

販売店舗も限定されているので、中々買えない人も多いかと思います。

タンパク質豊富なコオロギせんべいを恐る恐る食べてみたので紹介します!

 

コオロギせんべいが何故注目されているのか

 

コオロギせんべいが注目されたのは世界的な人口増加が背景にあるらしい。

年々、人口が増加していくことにより今後、食糧危機におちいるためだとか。

家畜を増やすことが最終的には地球温暖化へのリスクとなるため、中々難しいとのこと。

そこで注目されたのが、コオロギみたいです。

 

では何故、コオロギが??という疑問がでますよね。。

コオロギにはタンパク質が豊富に含まれており、育てるのにエサも少なくすむんです。

そして、省スペースで飼育できることができるのでコスパが非常に良いみたいです。

 

実際のタンパク質量、栄養成分

 

1袋当たりタンパク質は4.6gとなっていますね。

脂質がかなり少なくて減量中でも食べれますし、これまた嬉しいですね。

 

コオロギせんべいのスペック

  1. 高タンパク質
  2. 低脂質
  3. 高ビタミン
  4. 高食物繊維

 

コオロギは100g当たりのタンパク質含有量が60gとかなり豊富です。

牛肉や豚肉、鶏肉が100g当たり20~25g程度なので、比較するとかなりタンパク質は豊富のようです。

 

必須アミノ酸の評価に用いられる、アミノ酸スコアは90程度であり、肉や卵よりやや劣っているようです。

しかし、ビタミンやカルシウムなどは豊富に含まれており非常に優秀な存在なんですね。

 

コオロギせんべいの気になる味は!?

 

じょん
それでは実食!!

 

コオロギとだけあって抵抗はあるものの、何とか口に入れました。

あれ?美味しい!!

 

味はパッケージにも書いてありましたが、えびの風味があります。

というか、えびせんを食べているようです。

目をつむって渡されて食べたら、えびせんと間違えるレベルです。

 

食感は意外とパリパリしています。

えびせんも同じですが、粉っぽさがあり喉が渇くので飲み物は必須です。

 

総合的に言うと、味はえびせんみたいで美味しい!

1回食べだしたら止まらなくなっていまいそうです。(かっぱえびせんみたい)

 

 

みんなの口コミ、評価は!?

 

 

 

みなさん、やっぱりえびせんと味が似ているとの反応が多いですね。

不味いという口コミはあまり見られませんでした。

そして、ネット上では完売状態が続いているようで中々買えないようです。

実際、店頭では1人3袋までになっており、かなり話題になっているようですね。

 

まとめ

メモ

  1. コオロギせんべいは1袋190円
  2. 高タンパク質、低脂質
  3. 地球にやさしい
  4. 味はえびせんとほとんど変わらない

 

「これからの地球のことを考えて」という風にパッケージに書かれており、本当に近い将来昆虫を主食とする時代が来るかもしれませんね!

 

以上、【レビュー】無印良品の「コオロギせんべい」が店舗販売開始!気になる味は? でした。

 




本ページの情報は2020年7月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて
ご確認ください。

スポンサーリンク

にほんブログ村参加中!

ブログランキング・にほんブログ村へ

-おすすめ商品
-

© 2021 JOHN BLOG Powered by AFFINGER5