おすすめ商品 筋トレ

【レビュー】Schiek(シーク)のリストラップ24インチがおすすめ!効果や巻き方も紹介

スポンサーリンク

 

こんにちは、じょん(@john blog0512)です。

 

リストラップの購入で悩んでいるのなら、Schiek(シーク)がおすすめです。

 

以前まで1000円弱のFERRYのリストラップを使用していました。

 

しかし、シークに変えてから世界が変わりました!!(大袈裟かも)

 

初心者でも重量が軽くてもケガをする恐れはあるので必須です!

 

じょん
それではシークのリストラップの良さを紹介していきます!!

 

 

何故、シークのリストラップを購入したのか

 

先ほども言いましたが、以前までFERRYを使用していました。(1年ほど)

 

しかし、重量も上がりマジックテープの摩耗や本体の部分がほつれてきたことをきっかけにシークを購入しました。

 

レビューなどを見ると、シークの評判はかなり良く、デザイン性にも優れていたので即決でした。

 

あと、シークのリフティングベルトを2年ほど使用しているのですが、すごく調子が良いんです。

 

こちらもCHECK

【レビュー】Schiek(シーク)リフティングベルトの評判、サイズ感は!?

続きを見る

 

 

筋トレも頑張りたいけど、オシャレにも気を配りたい!という人にはシークはかなりオススメです。

 

じょん

カラーも豊富なので女性にも大人気です! 女性はピンクが人気!

自分はホワイトを購入しました!

 

 

 

固定力がすごい!

 

シークのリストラップはやや硬めで固定力が抜群に良いです。

 

特にベンチプレスやダンベルプレス、ダンベルショルダープレスの際に手首が反りすぎることがなく安定します。

 

以前までだと、たまに重量が重いと手首がグニャっとなったり、ピキッといったりすることがありました。

 

しかし、シークだと固定力が抜群であり安心して高重量を扱うことができます。(ベンチプレス100kg程度ですが)

 

もっと高重量を扱っている方も愛用しているので、安心です。

 

この安心感がないと高重量にも挑戦できませんし、結果的に筋肉の発達にも影響するので是非試して頂きたいです!

 

 

 

12インチ(30㎝)と24インチ(60㎝)どちらが良いのか

 

自分は24インチ(60㎝)のリストラップを購入しました。

 

30㎝でも良い!という人もいますが、60㎝の方が固定力が高いです。

 

また、60㎝は1番スタンダードな長さで初心者から中級者向きで知られています。

 

そして、30㎝のタイプよりもマジックテープへの負荷が少なく長持ちするとのこと。

 

60㎝の若干のデメリットとしては、着けるのが若干面倒に感じるということ。

 

30㎝と比較すると数秒時間がかかる程度ですかね。

 

慣れてしまえば大丈夫なんですがね。

 

そんな人には30㎝が良いのかもしれませんが、固定力の事を考えると断然60㎝がオススメです!!

 

 

 

 

巻き方の紹介

 

巻き方は簡単です!

 

シーク 巻き方 シーク 巻き方2 シーク 巻き方3

 

一般的には外から内に巻く『内巻き』が多いです。

 

ポイント

1周目をしっかり強く巻き、2周目からは自分の手首が痛くならない程度に調節して巻きます。

 

1周目を巻くときに手首の2㎝程度上側を巻いて、着けた後に手首が反らないようにすると尚良いです。

 

じょん

親指にかかっている輪っかは外してトレーニングして大丈夫です!

自分はそのままつけてやっています。

 

 

まとめ

 

  1. シークのリストラップは固定力抜群
  2. デザイン性にも優れておりオシャレに付けれる
  3. 30㎝より60㎝がスタンダードでオススメ!
  4. 意外と安くてコスパ最強

 

じょん

本当にシークに変えてから筋トレが更に楽しくなりました!

モチベーションが上がるのはとてもいいことでトレーニングの質が増します。

是非、シークのリストラップを試してみて下さい!

 

 

 

その他の筋トレグッズを解説

 

参考

【初心者必見!】もう悩まない筋トレグッズ おすすめ10選!

続きを見る

 

スポンサーリンク

にほんブログ村参加中!

ブログランキング・にほんブログ村へ

-おすすめ商品, 筋トレ
-,

© 2021 JOHN BLOG Powered by AFFINGER5