筋トレ

ダイエットに停滞したらチートデイしちゃおう!効果とやり方を紹介

スポンサーリンク

 

こんにちは(@johnblog0512)です。

 

ダイエットや減量でつまづいた経験はありませんか??

そんな人には食べて痩せるチートデイがおすすめです!

 

じょん
チートデイはダイエットや減量の効果を上げてくれる起爆剤です。正しく実践すればかなりの効果を発揮してくれるので必見です!!

 

 

誰にもやってくる停滞期

 

ダイエットをしていると、どうしても停滞期がやってきます。

 

食事制限によって身体が飢餓状態に陥ると、代謝が下がり自然にエネルギーの消費を抑えようとします。(省エネモード)

しかし、この省エネモードによって生命を維持してくれているのは事実です。

 

身体が省エネモードに入ると結果として、減量しにくい身体となってしまうんです。

これが停滞期の原因であり、突破口としてチートデイがあるんです。

 

 

チートデイとは

 

チートとは騙すという意味を持ちます。

 

チートデイは意図的に摂取カロリーを増やし身体を騙す役割があります。

 

大体の目標の摂取カロリーを設定して、好きなだけ食べれる日なのでかなり魅力的ですよね。

今まで飢餓状態であった身体に栄養を与えられることもできて身も心も満たされます。

 

じょん
チートデイは凄く楽しい日なんですよね。

 

 

チートデイの効果

 

本当に好きなだけ食べてカロリーオーバーして効果あるの??太るんじゃない??って思う人もいますよね。

しかし、チートデイは今や大会に出る人もボディメイク目的の人もやっている手法で効果は絶大です。

 

ストレスの軽減

 

ダイエットをしていると好きな物が食べられないし、空腹感を感じることもあってストレスが溜まります。

むしろ、ダイエットでストレスが溜まらないという人はいないのではないでしょうか。

 

チートデイをすると好きな物をたくさん食べれるのでかなりのストレス軽減効果があるんです。

実際、自分も減量時はチートデイがあるからこそ日々の食事制限も頑張れています。

 

チートデイの日に近づくにつれてモチベーションは上がっていくのは事実です。

 

代謝が上がる

 

ダイエットをして消費カロリーを制限した日々が続くと代謝が下がってしまいます。

代謝が下がるということは痩せにくい状態になっています。

 

そこでチートデイを取り入れて栄養を補給していきます。

そうすると、身体が栄養で満たされていると騙されてまた代謝が上がるという効果があります。

 

いつもの食事制限で不足しがちな栄養素を取り入れるとより効果的みたいです。

 

 

チートデイのやり方

 

それでは実際にチートデイはどのようにして取り入れたらよいのか解説します。

 

どのくらいの頻度が良いのか

 

体脂肪率別で頻度を確認してみましょう!

 

男性の場合

25%以上:必要なし

20~25%未満:2週間に1回

15~20%未満:10日に1回

10~15% 未満:1週間に1回

10%未満:4日に1回

 

女性の場合

35%以上:必要なし

30~35%未満:2週間に1回

25~30%未満:10日に1回

20~25%未満:1週間に1回

20%未満:4日に1回

 

体脂肪率別でこのような目安はあるようです。

しかしチートデイを取り入れる大前提としては、停滞期に入った時です。

 

また、普段より体温が下がっていたりするのも停滞期の指標としては有効のようです。

 

じょん

チートデイは1日で終わらせるようにしましょう!!

 

 

目標カロリーを設定する

 

ただやみくもに食べたいものを食べるというのも1つの手段ではあります。

好きな物を食べれるのはストレスの軽減にもなりますよね。

 

一応目安もありますので紹介します。

 

体重×40~45kcal

減量時の摂取カロリー+2500kcal

減量時の摂取カロリー×2kcal

 

チートデイとだけあって結構食べないといけません。

正直、楽しい日ではありますが後半になると少し苦しいと感じる方もいるのではないでしょうか。。

 

翌日から何日間は体重は増えたままですが、少しずつ減っていきますので心配は無用です!!

 

じょん

中途半端にやっても効果はないのでしっかり食べて栄養補給しましょう!

そして、身も心もエネルギーチャージして次の日からの減量に備えましょう!

 

減量時の食事管理はこちら!↓↓

関連記事【超簡単!】ダイエット•減量時の食事管理(PFCバランス)、食事メニューの紹介

続きを見る

 

 

何を食べたらいいの??

 

基本的に何を食べても良いですが、減量食で不足している炭水化物を多めに摂取していきましょう。

 

自分の場合、米を食べる量をかなり増やします。

脂質はやや気にしたいところですが、ハンバーガーやお好み焼き、ラーメンも良いですね。

菓子パンとかスイーツなんかも食べたりします。

 

ただ何となくでもカロリーを計算しながら食べていくのがオススメです!

先ほども言いましたが、中途半端にやっても効果はありません。

 

 

チートデイの日は筋トレなど運動はすべきか

 

チートデイの日は基本的に食べることに集中しましょう。

筋トレのことは忘れて思いっきり楽しんでストレスが減れば最高です。

 

たくさん食べていると消化も追いつかないので、その状態で筋トレをすると内臓にかなり負担がかかります。

そのため、チートデイの日は運動は控えた方が良いです。

 

 

まとめ

 

  1. ダイエットに停滞したらチートデイを取り入れよう
  2. チートデイにはストレス軽減・代謝の向上が期待できる
  3. だいたいの摂取カロリーを決めておこう
  4. 好きな物を1日でしっかり食べよう
  5. 中途半端は禁物

 

 

チートデイを取り入れてダイエットを効率よく進めていきましょう!

 

ハイカーボデイ
関連記事【減量に必須】ハイカーボデイの効果とやり方を紹介!チートデイはもうしない

続きを見る

 

減量が終わったら筋肉量を爆上げするチャンスです!

増量期に移行しましょう!

 

増量のやり方

【バルクアップ】増量期に必要なカロリー・PFCバランス、食事内容は!?

続きを見る

 

スポンサーリンク

にほんブログ村参加中!

ブログランキング・にほんブログ村へ

-筋トレ
-,

© 2021 JOHN BLOG Powered by AFFINGER5