筋トレ

【増量確実】飲めば太れる!マルトデキストリンの効果、摂取方法を紹介

スポンサーリンク

こんな方におすすめ

  • マルトデキストリンの飲み方がわからない
  • 減量時にも飲んでいいのかわからない
  • どういう効果があるのか知りたい

 

じょん
こんにちは(@johnblog0512)です。

マルトデキストリンはトレーニングをする上では欠かせないサプリメントになっています。

今回は効果や摂取方法などを紹介していきますので参考にして下さい。

 

 

マルトデキストリンって何?

 

マルトデキストリンは糖質の中の1つで、デンプンが加水分解されたものになります。

 

マルトデキストリンがさらに加水分解されると、よく知られているブドウ糖(グルコース)にいきつきます。

 

加水分解とか良くわからないので簡単に言うと、マルトデキストリンはデンプンとブドウ糖の間のもの。

 

通常の糖質は消化吸収に時間がかかってしまい、胃もたれがおきたり筋肉への栄養補給が遅くなります。

 

それと比較してマルトデキストリンは、胃に優しくて消化吸収が早くすぐにエネルギー源になってくれるんです。

 

味もブドウ糖などと違い、甘くなく飲みやすいという特徴があります。

 

そして、かなり安いというのが最大の特徴になっています。

 

ちなみに他の糖質と同じで1g=4kcalです。

 

 

 

どんな効果があるのか

 

ポイント

  1. 筋トレ中のエネルギー不足を助けてくれる
  2. 糖質不足による筋肉の分解(カタボリック)を防いでくれる
  3. 高GIのためインスリンの分泌が豊富で筋肉の成長(アナボリック)を促進させてくれる

 

 

筋肉を動かすためには糖質が必要になります。

 

この糖質は最終的にはグリコーゲンという形で筋肉に貯蔵されます。

 

マルトデキストリンは他の糖質と比較して素早くグリコーゲンとして筋肉に貯蔵されます。

 

理由としては、マルトデキストリンはグルコースという物質が多数結合しています。

 

しかし、他の糖質ではグルコースの分子の数が多く消化吸収に時間がかかってしまうんです。

 

要するにマルトデキストリンは、分子の数が少なく効率的に消化吸収され筋肉に蓄えられるということなんです。

 

糖質不足(グリコーゲンが不足)になるとどうなるかというと、まずはタンパク質から分解されてアミノ酸を作り出します。

 

その後にアミノ酸を分解してエネルギーを作り出すという体の仕組みになっているんです。

 

これはかなり恐ろしい仕組みで、要するに筋肉を分解(カタボリック)してしまうことになります。

 

せっかくトレーニングをして筋肉をつけようとしているのにこれでは台無しですよね。

 

マルトデキストリンは高GI食品であり、GI値は106~136程度となっています。

 

白米のGI値が85程度なのでちょっと高いなという印象ですよね。

 

しかしこの高GIこそが筋トレにはかなり効果的な要素となるんです。

 

高GIであれば血糖値があがりインスリンの分泌が増します。

 

血糖値があがりすぎてインスリンが過剰に分泌されて大丈夫?と思いますよね。

 

しかし、インスリンにはたくさん良い効果があるんです。

 

インスリンには血糖値を下げる効果があります。これは知っている人が多いですよね。

 

他には、トレーニングで傷ついた筋肉にアミノ酸を運搬して筋肉の修復、成長を助けてくれます。

 

そして重要なのがタンパク質の合成を促進(アナボリック)する役割があるというところです。

 

この効果はかなりトレーニングをしている人には嬉しいですよね。

 


 

 

 

摂取するタイミングと量

 

じょん
ではいつ、どのくらい摂取するのがベストなのか見ていきましょう!

 

ポイント

  1. トレーニングの前1時間~30分前
  2. トレーニング中
  3. トレーニング後

 

 

基本的には体重×0.5~1gが推奨されています。

 

トレーニング前やトレーニング中ではBCAAやEAAと混ぜて摂取するのがオススメです!

 

ほとんど味が変わらないのでBCAAやEAAの好きな味に混ぜて摂取できます。

 

上手く摂取できるとカタボリックを防ぐことができて、効果的にトレーニングができます。

 

トレーニング後はプロテインやクレアチンと摂取して、アナボリックを促進できるので効果的です。

 

プロテインに混ぜても味は変化しなので心配はいらないです!

 

自分の体感としては、トレーニング中のスタミナ切れがなく集中して取り組むことができます。

 

 

こちらもCHECK

【初心者必見】今さら聞けないクレアチンの飲むタイミング!クレアチンローディングの方法も紹介

続きを見る

 

減量時にもこの3つのタイミングでは、マルトデキストリンを摂取することをオススメします。

 

減量中では特にトレーニング中に糖質不足になることが多いので必須かと思います。

 

ダラダラ過ごしている時に摂取しても、血糖値が上がるだけで良い効果は無いのでタイミングもしっかり守りましょう。

 

 

こんな人は摂取したらダメ!

 

糖尿病の方は摂取しないようにしましょう。

 

血糖値を上げてしまいますので、様々な症状が出現する可能性があります。

 

医師から糖質を制限するように言われている方も同様ですので注意してください。

 

また、健常な方でも自分に合った量を摂取しないと体に負担がかかるので注意が必要です。

 

 

クラスターデキストリン(CCD)という優秀な糖質の存在

 

あまり耳にしたことがない方もいるかもしれませんが、実はマルトデキストリンよりも優秀です。

 

マルトデキストリンよりもデンプンに近い存在がクラスターデキストリンといいます。

 

実はこのクラスターデキストリンはかなり浸透圧が低く、体に吸収しやすい形で水分補給ができるんです。

 

お腹に溜まることなく運動時にはもってこいですね。

 

吸収のしやすさで言うと、ブドウ糖<マルトデキストリン<クラスターデキストリンとなります。

 

電解質(ミネラル)も豊富で美味しいそうです。⇒自分は飲んだことがないです。

 

そのため、やや値段も高めなんだとか・・・

 

余裕があれば是非チェックしてみて下さい!

 

初心者はマルトデキストリンでも良いかなと(安いから)

 

まとめ

  1. マルトデキストリンは消化吸収が早くトレーニーの強い味方
  2. カタボリックを防ぎ、アナリックを促進させてくれる
  3. 摂取するタイミングはトレーニングの前・中・後
  4. クラスターデキストリンにも注目!

 

マルトデキストリンにはたくさん良い効果があって摂取していないと損です!

 

増量期にはカロリーを摂取できるので最高ですよね。

 

詳しくは書きませんが、間違ってもポカリスエットなどの果糖がたくさん入ったものを摂取しすぎないように!

 

是非マルトデキストリンを試したことがない人はチェックしてみて下さい!

 

増量時にはエビオスが必須!

 

スポンサーリンク

にほんブログ村参加中!

ブログランキング・にほんブログ村へ

-筋トレ
-

© 2021 JOHN BLOG Powered by AFFINGER5